5.ボス民族博物館 Boss Folk Museum

ボス民族博物館

北欧09ボスからフロム04e
民族博物館からのボスの街の展望

ハーダンガーフィヨルド最奥の村アイフィヨルドからバスでボスに行きました。ボスはベルゲンと首都オスロを結ぶ鉄道とハーダンガーフィヨルドとソグネフィヨルド方面行きのバスの発着点の都市です。湖を取りまく山の上にボス民族博物館があります。

ボス民族博物館
ボス民族博物館

案内では徒歩15分とありましたがとても無理で駅からタクシーでくねくね道を結構高い場所へと登った所にありました。デスクで刺繍と民族衣装の見学をしたい旨を伝えると2階に展示してありますとのこと。上がって行くと広々としたスペースには様々な生活道具が分かり易く展示されていました。見学者は私たち2人だけです。先ず目的の刺繍とコスチュームのブースヘ行きました。北欧09ボスからフロム04f
ここで大変感心した事は胸あてのコレクションが豊富でガラスを張った薄い引き出しに大切にスッキリと見易く保存している事でした。はじめこのたくさんの引き出しを備えた箪笥状のものを見つけた時開けて良いものか迷ったのですが開けました。一段そして一段と撮影もしました。すごい数量と高度なデザインと技術に驚きの連続です。見学を終えて1階ヘ降りて行くとデスクの女性がそっと「引き出しには気がつきましたか?」と語りかけて来ました。「はい、見事なコレクションですね。撮影もさせていただきました。」と答えると笑顔で「OK Good 」お礼を伝えて野外の古民家のガイドツアーに参加しました。ドイツ イタリア 日本からの見学者ですので英語で説明をしましょうという事になりました。

写真をクリックすると拡大表示されます

本文に戻る